和牛ホルモンの知識や食べ方について

投稿者: | 2017年8月23日

元々は赤身で食べたり、捨てられるお肉であった。名前の由来は一つが大阪発祥で「捨てる」ことを「ほかす」「ほる」と呼ばれていた。よって「すてるもの」が「ほるもん」カタカナ表記で「ホルモン」と呼ばれるようになったといわれている。

もう一つが内蔵系のお肉を使った料理はあまりイメージが良くなく、いいイメージを付けるた内臓器官を総称として名前が付けられたと言われている。
美味しい食べ方はやはり焼肉で焼いて食べることは一番だろう。美味しく食べるホルモンの焼き方はまずは皮から焼く。脂身はとても焦げやくす、脂の飛び跳ねの原因になる。また、脂部分から焼いてしまうと、脂と一緒に旨味が落ちてしまう。焼き加減は皮からじっくりと焼いていき、皮の色が変わったら、脂の部分をさっと焼く。臭みをなくす方法
小麦粉を使う。

ボールや容器に小麦粉を入れます。力強くごしごしともみ洗いをして、汚れや臭いを小麦粉に吸収させる。しっかりともみ洗いしたら、水で小麦粉を落とし、すぐにキッチンペーパーなどで水気を取ります。水気が残っていると、旨味が落ちてしまうので、丁寧にふき取りとる。