レバーとハツは人の健康によい和牛ホルモン

投稿者: | 2017年11月9日

牛肉は焼肉店の中でも人気メニューとして知られています。味のよさから一度食べると止まらなくなるケースも少なくありません。日本の牛から取れたホルモンを和牛ホルモンと言いますが、牛の部位によって食感や栄養分が違います。最近は健康志向の人も多いためか、できるだけ体のよい食べ物を食べたいと思っている人が多いです。そのため、和牛ホルモンを食べるときも健康のよいものを選択する人が増えています。

人の健康によい和牛ホルモンにはどのようなものがあるのでしょうか。具体的にあげるとレバーとハツです。レバーとは牛の肝臓部分から取れたホルモンで、濃厚で個性的な味わいが特徴的です。鉄分がたくさん含まれているので、レバーを食べると貧血を予防することができます。

一方、ハツは牛の心臓部分に当たるホルモンになります。人間の神経機能を正常に保つ効果のあるビタミンBがたくさん含まれているので、自律神経失調症を解消できます。また、脂肪分も少ないのでその分カロリーも少ないです。