赤味噌が人気な理由やその魅力と特徴について

投稿者: | 2020年8月5日

味噌といえば発酵食品のなかでも特に身近なものといっても過言ではないかと思います。味噌汁などにして毎日摂取しているという方も少なくないことでしょう。そんな味噌の中でも蒸した大豆を使っているという赤味噌には、マグネシウムや亜鉛といったミネラル、ビタミンBや葉酸などのビタミン、アミノ酸等多くの栄養素が含まれています。

昔は味噌があれば医者はいらないといったことまで言われていたほど、その健康効果は古くから知られているといってもよいでしょう。

最近ではアンチエイジング効果も期待できるといわれており、注目されています。赤味噌と一口に言っても地域によっていくつか種類が存在しています。例えば東京を中心に作られている江戸甘味噌は大豆に米麹と塩を使って作られており、他の赤味噌と比較すると甘みが強いという特徴があります。江戸甘味噌以外にも津軽味噌や仙台味噌なども赤味噌に分類されており、その独特の旨味や辛味から人気があります。同じ赤味噌でも味が異なってくるため、それぞれの地域で赤味噌を通販でお取り寄せして食べ比べてみるのもよいでしょう。

また、時間や手間は少しかかりますが手作りすることもできるため、興味があれば作ってみるのもおすすめです。赤味噌はその塩分濃度の高さから長期保存に適しているという魅力があり、長く楽しむことができます。万が一カビが生えてしまってもその部分を少し余裕を持ってに除去してしまえば食べることができるため、心配はありません。このような保存のしやすさや、様々な料理に使うことができるという点も愛される理由であるといえるかもしれませんね。