和牛の中で最も飼育数が多い「黒毛和種」の話

投稿者: | 2017年7月5日

日本全国で最も多く飼育され、多くの黒毛和牛銘柄を生み出しているのは「黒毛和種」です。三重県の松坂牛や山形県の米沢牛や滋賀県の近江牛などがその例です。そしてダントツでナンバーワンの人気を誇るのは、兵庫県の神戸牛です。世界にも輸出されて食べられています。英語で「Kobe Beef」と言われます。

黒毛和種の最大の特徴は、何と言っても「サシ」と呼ばれるものです。これは一般的な牛の場合とはかなり異なっていて、脂肪分が固まることなく、きれいな霜降り状態になっています。それは「BMS」と呼ばれる脂肪交雑基準で評価されます。そして赤身部分の割合も多くなっています。また一頭一頭によってその評価は変わってきます。黒毛和種の全てが高品質だということにはなりません。

ですから神戸牛が、他の和牛よりも霜降りの状態が優れているのかというと、それは正しいとは言えません。脂肪交雑基準の高い米沢牛はたくさん存在します。ですが、神戸牛に関して言えば、「BSM12」という最高級ランクの評価値を持つ和牛がいます。このような最高級品質の黒毛和種は、神戸牛以外には滅多にいないものと考えられています。こうした和牛は通販で簡単に買うことができます。